株式会社 西石油 ブログ「地元を大切に」 » 2012 » 2月

2月2012

今月の一押しちゃん!!(^^)/

入社 もう時期一年になろうとする

徳丸 咲季ちゃん

愛称は徳さん

会社の出来る子ナンバーワンです(^^)/

いつも明るく 元気な上に すごーく出来ます

もうすぐ 新入社員君 たちが入社します

頑張れ先輩!!

節分=子供がヒーローになる日です(^^)/

節分は 子供がヒーローになれる日!!

なぜか?節分は鬼退治・・ん~ 邪気をはらい福を呼び込むため

小さいころ 父に向かって ここぞと豆を投げた記憶が・・・

さて 皆様も子供さんに どうして・なんで?の質問に答えられるように

桃太郎から・・・節分について

鬼」という字を「おに」と読みますが、「おに」という日本語は「陰(おん)」に由来します。「陰」とは目に見えない気、主として邪気のことをさし、それが「おに」なのです。また、隠れているこわいものとして「隠人(おんにん)」が変化したという説もあり、形の見えない災害、病、飢饉など、人間の想像力を超えた恐ろしい出来事は鬼の仕業と考えられていたのです。

つまり、新しい年(立春)を迎える前日(立春の前日・節分)に、鬼に豆をぶつけて邪気(おに)を払い、福を呼びこもうというわけです。

また、十二支の丑というのも陰陽でいうと陰になり、鬼が住むのは鬼門である丑寅の方角なので、鬼は牛(丑)の角と虎(寅)の牙を持ち、虎の皮のふんどしをしているのです。(※ヒョウ柄ではありませんからお間違えのないように)

又 何故 大豆なのか?

大豆は五穀のひとつで穀霊が宿るとされており、米に次いで神事に用いられてきました。米よりも粒が大きく、穀霊で悪霊を祓うのに最適であることや、魔の目(魔目=まめ)に豆をぶつけて魔を滅する(魔滅=まめ)にも通じます。また、昔々、京都鞍馬山に鬼が出たとき、毘沙門天のお告げによって大豆を鬼の目に投げつけて退治したという話もあります。

ただし、豆まきに用いられる豆は炒り豆でなくてはいけません。これは、生の豆を使って拾い忘れたものから芽が出てしまうと縁起が悪いとされているからで、「炒る」が「射る」にも通じます。つまり、「魔目」を「射る」ことで「魔滅」となるわけです。大概、節分用に市販されている大豆は炒ってありますが、一応ご注意ください。(NEVERまとめより)

ご参考までに

節分の日は ある意味子供とコミュニケーションが取れる一日でもありますね!

全国のお父さん たまには早く帰って 子供と手作りお面で 節分を楽しんでみて下さいね!

BY桃太郎

株式会社西石油ブログイメージ